岐阜県可児工業団地

岐阜県可児工業団地は東海地方最大級のハイテクランドです。

岐阜県可児工業団地の特徴

 

①丘陵地を開発し、「緑と太陽」の自然に恵まれた「インダストリアルパーク」であること。


②一般公募企業と国の中小企業施策で高度化事業の認定を受け集団化した岐阜県や愛知県内の中小企業が共に環境保全や公害対策を

 推進し、地域との親交を深め、発展に寄与していること。


③進出企業の多くが様々な分野でトップクラスの技術力を誇り、一大ハイテクゾーンを構成していること。

 岐阜県可児工業団地は、岐阜県可児市の南部丘陵地に3期にわたって開発造成された、 総面積136haに及ぶ東海地方最大級の大型工業団地です。
 第1期は岐阜県第2次総合開発計画及び農村地域工業導入実施計画に基づいて昭和48~49年にかけて、岐阜県土地開発公社が78haを造成、昭和56年に企業が揃い、団地全体の竣工をみました。第2期は昭和60~61年に可児市土地開発公社の造成により43ha、第3期は平成10年に民間開発会社の造成により15haが拡張され、既設の用地と一体化。現在では航空機・自動車・電気機器・工作機械・住宅機器に関連した先端産業が多数操業しています。

工業団地へのアクセス

 

マップをクリックすると拡大します

鉄道でお越しの場合

◇名古屋ー(JR中央本線40分)ー多治見ー(JR太多線20分)ー可児

◇新名古屋ー(名鉄広見線60分)ー新可児

◇岐阜ー(JR高山本線50分)ー美濃太田ー(JR太多線5分)ー可児

◇新岐阜ー(名鉄各務原線40分)ー犬山ー(名鉄広見線20分)ー新可児

 

車でお越しの場合

◇名古屋ー(国道41号35km)ー可児

◇小牧ICー(国道41号20km)ー可児

◇岐阜ー(国道21号30km)ー可児

◇多治見ICー(国道248号10km)ー可児

◇可児御嵩ICー(国道21号7km)ー可児

 

JR太多線可児駅より車で…5分

名鉄広見線日本ライン今渡駅より車で…5分

中央自動車道 多治見ICより車で…15分

東海環状自動車道 可児御嵩ICより車で…10分

岐阜県可児工業団地協同組合

 

 岐阜県と愛知県内から進出した27社の中小企業によって構成され工業集団化を事業の目的としています。

代表者  理事長 傍島 茂夫

設立   昭和49年3月27日

出資金  5,000万円

役員理事 9名 監事 2名

組合員数 28社

面積   工場用地336,063㎡(101,659坪)

     組合緑地93,948㎡(28,419坪)

     組合会館用地等7,742㎡(2,342坪)

     組合法敷15,841㎡(4,792坪)

     組合区画内道路8,632㎡(2,611坪)

     組合公園895㎡(271坪)

     合計463,121㎡(140,094坪)

 

主な共同施設
 1)組合会館1,026㎡(365坪)、車庫92㎡(28坪) 変電所58㎡(18坪)

 2)共同受電施設(21,900KVA)

 3)公園(児童遊具付895㎡(271坪))

 4)上下水道施設、火災報知機、放送設備他

 

組合の事業

 1)共同施設・用地の維持管理事業

 2)共同受電事業

 3)教育情報事業

 4)組合金融事業

 5)高度化事業

 6)災害防止事業

 7)安全衛生管理事業

 8)福利厚生事業

 9)事業所動向調査事業

10)特別事業

協同組合岐阜県可児工業団地管理センター

 

 一般公募により進出した大手企業を含む47社の団地内全企業で構成。

環境保全、公害対策、共同施設の管理など立地上の共通する諸問題にあたっています。

代表者  理事長 傍島 茂夫

設立   昭和53年7月1日

出資金  3,784万円

役員理事 14名 監事 4名

組合員数 48社

面積   工場用地(一般公募企業30区画)820,645㎡(248,680坪)

     工場用地(高度化集団組合企業42区画)335,103㎡(101,546坪)

     共有緑地(9ヶ所)15,965㎡(4,837坪)

     共同施設用地(6ヶ所)27,825㎡(8,431坪)

     公園(1ヶ所)1,082㎡(327坪)

    (高度化集団組合所有分)

     組合緑地90,512㎡(27,427万坪)

     組合会館用地等7,742㎡(2,346坪)

     組合法敷20,237㎡(6,132坪)

     組合区画内道路8,632㎡(2,615坪)

     組合公園895㎡(271坪)

     合計1,328,638㎡(402,617坪)

 

主な共同施設

 1)生活汚水処理場4,266㎡(1,292坪)

 2)工業排水終末監視場7,259㎡(2,199坪)

 3)共同グランド14,180㎡(4,296坪)

 4)コンビニ店舗(ファミリーマート 可児工業団地店)

 

組合の事業

 1)共同施設・用地の維持管理事業

 2)福利厚生事業

 3)共同購買事業

 4)教育情報事業

 5)交通安全事業​

 6)環境保全事業

 7)共同警備事業

株式会社岐阜県可児工業団地経済センター

 

 約5千人が勤務する岐阜県可児工業団地のスケールメリットを活かし

組合員企業の経営のお手伝いと従業員の福利厚生を目的に設立。

代表者  代表取締役 高橋 淳

資本金  300万円

役員理事 14名 監事 4名

 

主な事業

 1)自動車・火災・傷害・賠償責任・PL等の損害保険代理店

 2)終身・定期・医療・経営者等の生命保険代理店

 3)コンピュータソフト、トイレ自動洗浄システム、テーブル椅子事務用品、防災グッズの斡旋事業

 4)組合員企業の内外受発注業務の斡旋事業

 5)人材紹介、結婚仲介の斡旋事業

 6)映画、コンサート、スポーツ観戦等チケットの斡旋事業

 7)貸工場・倉庫・マンション等紹介の斡旋事業

 8)車検優待サービスの斡旋事業

 9)空調設備の保守点検・各種機械法定点検の斡旋事業

10)グリストラップ槽浄化システムの斡旋事業

11)工場・事務所リフォーム・清掃の斡旋事業

© 2015 by Kani industrial park